NO IMAGE

仮想環境とdockerの違いってなんですか?

仮想環境とdockerの違いってなんですか?

HaChi
簡単に言い表すと、重くて遅いのが仮想環境で、軽くて早いのがDockerです。

また、フルセットの仮想化技術が仮想環境で、サブセットの仮想化技術がDockerコンテナ、と言えるようにも思います。(違うかもしれませんが・・・)

仮想環境は、PCそのものをエミュレートするので、PC上のOS機能がすべて再現されます。OSレベルで分離ができる反面、OS全体を仮想ディスクに格納するため容量も大きく、起動もそれなりに時間がかかります。

一方で、Dockerはコンテナと呼ばれる、プロセスだけを分離して動かす技術です。例えば、Web開発であれば、httpd や nginx だけを分離して動かす事ができるようになります。仮想環境に比べて、イメージの容量が少なく、起動が速く、軽いという特徴があります。

加えてDockerコンテナには、仮想マシンに比べて容量が少ないため、同じ環境をコピーしたり、配布したりすることが容易になりました。必要なライブラリやツールをDockerコンテナに同梱することで、複数の開発者が同じ環境を使うことができ、環境の違いによるトラブルが減ったり、環境のメンテナンスに掛かる苦労が減る、といった効果があります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>プログラミング 独学

プログラミング 独学

本当にプログラミングを学びたい人のためになるブログにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。

CTR IMG