YouTubeでプログラミングを教えていますYouTube

DjangoでCloudinaryを使って動画投稿サイトを作りたい

  • URLをコピーしました!

DjangoとCloudinaryを使用して動画投稿サイトを構築する方法を紹介します。

目次

1.Djangoプロジェクトをセットアップする

まず、Djangoプロジェクトをセットアップします。これには、以下のコマンドを実行します。

Copy codepip install django
django-admin startproject myproject

2.Cloudinaryをセットアップする

次に、Cloudinaryをセットアップします。Cloudinaryを使用するには、Cloudinaryアカウントを作成する必要があります。Cloudinaryアカウントを作成したら、APIキーとシークレットを取得できます。

Cloudinaryをセットアップするには、Cloudinary Pythonライブラリをインストールし、環境変数にAPIキーとシークレットを設定します。

Copy codepip install cloudinary
export CLOUDINARY_API_KEY=<your API key>
export CLOUDINARY_API_SECRET=<your API secret>

3.Djangoアプリを作成する

次に、Djangoアプリを作成します。アプリを作成するには、以下のコマンドを実行します。

4.モデルを作成する

次に、動画を保存するためのモデルを作成します。モデルを作成するには、以下のように models.py ファイルを編集します。

Copy codefrom django.db import models
import cloudinary
import cloudinary.uploader
import cloudinary.api

class Video(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)
    video = models.URLField()
    thumbnail = models.URLField()

5.フォームを作成する

動画をアップロードするためのフォームを作成します。フォームを作成するには、以下のように forms.py ファイルを編集します。

Copy codefrom django import forms
from .models import Video

class VideoForm(forms.ModelForm):
    class Meta:
        model = Video
        fields = ['title', 'video']

6.ビューを作成する

動画をアップロードするためのビューを作成します。

ビューを作成するには、以下のように views.py ファイルを編集します:

Copy codefrom django.shortcuts import render, redirect
from .forms import VideoForm

def upload_video(request):
    if request.method == 'POST':
        form = VideoForm(request.POST, request.FILES)
        if form.is_valid():
            # Cloudinaryに動画をアップロードする
            video = request.FILES['video']
            result = cloudinary.uploader.upload(video)
            # 動画のURLとサムネイルのURLを取得する
            video_url = result['url']
            thumbnail_url = result['secure_url']
            # フォームデータを更新する
            form.cleaned_data['video'] = video_url
            form.cleaned_data['thumbnail'] = thumbnail_url
            # モデルを保存する
            form.save()
            return redirect('success')
    else:
        form = VideoForm()
    return render(request, 'upload.html', {'form': form})

def success(request):
    return render(request, 'success.html')

7.URLを設定する

動画アップロードページへのURLを設定します。これには、以下のように urls.py ファイルを編集します:

Copy codefrom django.urls import path
from . import views

urlpatterns = [
    path('upload/', views.upload_video, name='upload'),
    path('success/', views.success, name='success'),
]

8.テンプレートを作成する

動画アップロードページのテンプレートを作成します。これには、以下のように upload.html ファイルを作成します。

Copy code<form method="post" enctype="multipart/form-data">
    {% csrf_token %}
    {{ form.as_p }}
    <button type="submit" class="btn btn-primary">Upload</button>
</form>

9.サイトを起動する

最後に、サイトを起動します。これには、以下のコマンドを実行します。

Copy codepython manage.py runserver

サイトが起動したら、ブラウザで http://localhost:8000/upload/ にアクセスして動画をアップロードできます。

10.JavaScript プラグインを使用して動画をプレビューで再生する方法

Cloudinary の API を使用して画像や動画をアップロードすることはできますが、プレビューでの再生については、Cloudinary の API では直接対応していません。そのため、Cloudinary の API でアップロードされた画像や動画をプレビューで再生するには、HTML ページに Cloudinary の JavaScript プラグインを読み込んで、JavaScript コードを書く必要があります。

JavaScript プラグインを読み込むには、以下のように script 要素を使用します。

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/cloudinary-core@2.10.3/cloudinary-core-shrinkwrap.min.js"></script>
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/cloudinary-video-player@2.13.0/cld-video-player.min.js"></script>

次に、画像や動画を表示するための HTML 要素を作成します。画像を表示するには、img 要素を使用します。動画を表示するには、video 要素を使用します。これらの要素には、Cloudinary の URL を指定します。例えば、以下のようになります。

<img src="https://res.cloudinary.com/<your_cloud_name>/image/upload/<image_public_id>.jpg" alt="image">
<video src="https://res.cloudinary.com/<your_cloud_name>/video/upload/<video_public_id>.mp4" controls></video>

最後に、Cloudinary の JavaScript プラグインを使用して、プレビューでの再生を行います。例えば、以下のようになります。

<script>
  const cld = cloudinary.Cloudinary.new({ cloud_name: '<your_cloud_name>' });
  cld.videoPlayer('video');
</script>

これで、Cloudinary の API を使用してアップロードされた画像や動画をプレビューで再生することができるようになります。

Cloudinary には多くの画像処理機能が提供されています。例えば、画像や動画をリサイズしたり、画像にフィルターを適用したり、動画をトリミングしたりすることができます。Cloudinary のドキュメントを参照すると、これらの機能を使用する方法が詳しく解説されていますので、ぜひご活用ください。

Cloudinary のドキュメントは、以下の URL からご覧いただけます。

Cloudinary のドキュメントセンターでは、Cloudinary の API の使い方や、画像や動画を加工するための方法が詳しく解説されています。また、各言語用のクライアントライブラリーの使い方や、サンプルコードも掲載されているので、ぜひご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次