YouTubeでプログラミングを教えていますYouTube

未経験からITエンジニアへの転職を勧める理由

  • URLをコピーしました!
目次

ITエンジニアはブラックではない

IT エンジニアというのはブラックなイメージが非常に強く未経験でも it エンジニアにだけはなりたくないと思ったことはありませんか。

IT エンジニアは未経験からでも挑戦できる職種の一つであり、多くの企業が IT 未経験者に対する採用の門を開いています。しかし IT エンジニアというのはブラックなイメージが非常に強く、未経験でも IT エンジニアにだけはなりたくないという方も多いと思います。

残業は当たり前、土日にも頻繁に呼び出されるし、仕事の内容もなんか難しそう。大変そうな印象がありますよね。

IT エンジニアという仕事は外の世界から見るとあまりいい印象を持たれていないことが多いです。普段の生活で it エンジニアと関わる機会はないので、どうしても悪い噂が先行しているのです。なので未経験で採用してくれると言っても選択肢から外してしまう方が多いのも納得できます。自分から進んでブラックな仕事を選択する人なんてなかなかいませんよね。

でも今回の動画では未経験で IT エンジニアへの転職がおすすめな理由を存分に語りたいと思っています。

「何でブラックの IT エンジニアを紹介するんだ?」と思われる方もいると思います。確かに IT 業界はブラック企業も多いと思います。でも全てがブラック企業というわけではありません。現在では日本には IT 技術者は100万人を超えており、やりがいを持って働いている方は非常に多くいらっしゃいます。

ですからブラックだと判断して選択肢から外してしまう前に ITエンジニアのいいところにも目を向けていただきたいのです。

なぜ IT エンジニアに未経験でなれるのか

先ほど日本の IT 技術者は100万人いるとお伝えしましたがそれでもその時に人が足りないと言われています。

実際にお客様からこんなシステムを開発してほしいという要望があっても、人手不足で断りつづける状態が続いており、システム開発会社にとっては大きな機会損失になっています。

じゃあシステム開発会社が中途採用でエンジニアを採用すればいいかと言うとそう簡単にはいかないのが現状です。

なぜならばどのシステム開発会社もエンジニア採用を積極的にしているために、限られた中で採用競争を勝ち抜かなければならないことからエンジニアを確保することに苦戦している企業が多いのです。

それであれば未経験の人を採用し社内で育成することによって、一人前の it エンジニアにしていこうという企業が多くなっています。

肝心なのは本当に IT エンジニアになってしまっても大丈夫なのか?使い捨てでこき使われるだけなんじゃないか_というところですよね。

ではなぜ未経験からの IT エンジニアへの転職がそんなにおすすめなのかをご説明させていただきます。

全国7拠点でITエンジニアの転職を支援

未経験からの IT エンジニア転職がおすすめな理由の一つ目

長く安定して働くことができるからです。

最近では小学校でもプログラミング教育が必修となっており IT のことを知っていて当たり前の時代がすぐそこまで来ています。 世の中のあらゆる仕事が AI 化している今、事務職を始め人がやる仕事は次々と AI に変わっていくでしょう。

しかしその中でもなくなることがない仕事の一つが IT エンジニアなのです。IT エンジニアは仕組みを作る側なので、むしろ今後は仕事がさらに増えていくことが予想されます。

もしかしたらプログラミングは全て AI がやってしまう時代が来るかもしれませんが、それはまだまだ先です。

私達が定年退職するまでにそれを実現することは難しいと思うので、 IT エンジニアが手を動かしてプログラミングする必要があります。そしてお客様の要望をヒアリングしそれをシステムに落とし込むような上流工程と言われる仕事については AI に任せることはまず不可能です。繰り返しになりますが 、IT エンジニアが AI 化の流れによって、仕事がなくなるのはまずありませんなので、 IT エンジニアは長く安定して働くことができる仕事であると言えるのです。

未経験からの ITエンジニア転職がおすすめな理由の二つ目

将来的にあらゆる業界に行ける可能性があることです。

未経験で IT 業界に入ってスキルを積み重ねていくと IT 業界以外に行けるようになりキャリアの選択肢が広がることもおすすめしたい理由の一つです。

三十歳になりそろそろ次のステップとして転職を考えた時に、銀行のシステムについて詳しいというところを評価され銀行のシステム部門へ転職ができてしまうことがあります。

このようにお客様側のシステム部門で働く IT エンジニアのことを社内 SE と IT エンジニアが目指すひとつのキャリアになります。

つまり IT エンジニアとして特定の業界に対する専門性を身につけることができれば、その業界の社内 SE へと転職することができるのです。製造業のシステムに詳しくなれば自動車業界の社内 SE へ転職できる可能性も十分にあります。

このように IT エンジニアとしてシステム開発会社で働き続けるだけでなく、あらゆる業界へ転職できる可能性があるのが大きな魅力なのです。

未経験からの it エンジニア転職がおすすめな理由の三つ目

フリーランスとして独立できるチャンスがあることです。エンジニアとして市場価値を高めていくことができれば、フリーランスとして独立をして働くことができるようになります。フリーランスとは企業に所属せず個人の名前で仕事を取ってくれる人のことであり、世の中には数多くのフリーランスエンジニアがいます。

フリーランスになると案件によっては時間と場所にこだわらない働き方ができるだけでなく、年収も大幅アップできる可能性が高いです。

なぜならばフリーランスは会社に取られるお金がなくなるので年収1,000万円を目指せるのはもちろん、中には二千、三千万円を稼いでる人もいるのです。

とにかく将来は1千万円以上稼げる人になりたいと思っているのであれば ITエンジニアとして経験を積んでから、フリーランスになるのもおすすめです。

将来的に独立したいという野心を持っている人がいるのであれば、フリーランスエンジニアを目指してみるのも良いでしょう。

ただしフリーランスとして稼ぐためには高いお金を払ってでもいいからシステム開発の案件に入ってほしいと思われるぐらいの実力を身につけておく必要があります。

TechAcademy [テックアカデミー]

フリーランスとして稼いでる多くの人は、会社での仕事以外にも時間を見つけて技術力を高める勉強をしているので、 IT エンジニアになってからその努力が必要となります。

どのようなIT企業へ転職すべきか

未経験で ITエンジニアになる時の最もオススメな企業は、大手のエンジニア技術者派遣会社へ入社することです。おすすめする理由を具体的な事例を交えてお伝えするので最後まで読んでください。

エンジニア派遣会社とはいわゆる派遣社員ではありません。

例えばあるシステム開発会社が銀行向けの大規模な案件を獲得できたとします。いざプログラミングをするとなった時に、プログラミングをする量があまりにも多いので、会社の人間だけでは仕事が回らなくなってしまいます。

そこでエンジニア技術者派遣会社に対して、「プログラミングを手伝ってくれる社員を案件に入れてほしい」という要望を出すことで、エンジニアを確保します。この開発者を出す側の企業のことをエンジニア派遣会社と呼びます。

エンジニア派遣されるのは、プログラマーだけでなくスキルが高い人は上流工程から呼ばれるケースもあります。

大手のエンジニア派遣会社は納期が短くて、長時間労働になるような無理な案件を取って来なくても仕事は豊富にあるのでブラックでないところの方が多いです。

大手のエンジニア技術派遣会社は、自分のスキルに合った案件に入ることができるために無理なく成長することができます。未経験者に対する研修も豊富なため、まずはそこで3年でいいので確実なスキルアップを目指しましょう。

ここで注意が必要なのはプログラミングの工程を経験できる案件を持っている会社を選ぶべきという点です。

運用保守しかやらないという会社や案件だと開発スキルを高められず、市場価値は高まりません。そしてエンジニアとしての開発力基礎が身についてきたら次のステップとしてエンジニア技術派遣会社ではなく、お客様から直接仕事を請け負って上流工程から入っていける IT 企業へと転職するのがおすすめです。

また世間で言われてるようなブラック企業は昨今の働き方改革の流れを受けて少なくなってきており、長時間残業をしない企業が確実に増えていますです。ネットなどの情報を鵜呑みにするのではなくしっかりと将来のキャリアを考えた選択をしていきましょう。

未経験からの it エンジニア転職がおすすめな理由は

・長く安定して働くことができる

・将来的にあらゆる業界に行ける可能性がある

・フリーランスとして独立するチャンスがある

の三つでした

全国7拠点でITエンジニアの転職を支援

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次