Excel 時短30選

「Excel操作をもっと楽にできないかな?」「周りの人はもっと上手く使ってそう。」と感じられたあなたへ。

マウスやトラックパッドをなるべく使わないで、Excelを操作する方法を紹介します。作業時間がグッと短くなり、指も楽になります。

エクセルのショートカットキー&テクニック30選

1. セルの入力を確定して右のセルに移動『Tab』

通常セルの選択を確定するときに、Enterキーを押すと選択セルが下に下がってしまいます。確定をTabキーで行うことで、選択キーを右へ移動させることができます。右に入力したい情報をすぐに入力することができます。

2. 列幅・行幅の自動調整

『列名・行名の境目をダブルクリック』することで、セルに収まり切れない文字数に合わせて、セルの幅が自動調整されます。複数の行や列を選択して、『境目をダブルクリック』することで、一気に調整することができます。

3. テーブルを設定『Ctrl + T(Table)』

Tableとは、表を見やすくしたり、自動でデータ設定を追加したりしてくれる機能です。並び替えや絞り込みもできるようになります。表を作ったときには、設定しておきたい機能です。

表を選択した状態で、Crlキーを押しながらTを押します。

4. 連続して続くデータの端に選択セルを移動する『Ctrl+カーソルキー』

データや表の端から端まで一気に移動することができます。空白のセルで移動は止まります。また、空白のセルは続くときには、そこで止まります。

5. セルを範囲で選択する 『Shift+カーソルキー or クリック』

Shiftキー押しながら、矢印キーを押すと、範囲を選択することができます。Shiftキーを押しながら、目的のセルをクリックすると、端から端まで一気に洗濯することができます。

6. 連続して続くデータの端まで選択する『Ctrl + Shift+カーソルキー』

7. 全てを選択Ctrl + A

Ctrlを押しながら、Aをクリックすると、表を全て選択することができます。

8. 全てを選択(大)『シートの一番左上をクリック』

Sheetの左上、Aと1の間をクリックすると、Sheet全てが選択されます。

9. セルを追加で選択・選択セルを解除『Ctrl+クリック』

一つ飛んでセルを連続して選びたいときは、Ctrlを押しながら、クリックします。これからを駆使することで、選択範囲を自在に操作することができます。

10. 直前の操作を繰り返す『元に戻す』を戻す(Ctrl + Y or F4)

例えば、セルを赤く色を付けたとします。別のセルを選んで、Ctrl + Yまたは、F4を押すと、また、赤く塗られます。このように直前の動作を繰り返すときに、とても便利です。

11. 元に戻す『Ctrl + Z』

Ctrlキーを押しながら、Zを押すことで、一つ前の状態に戻すことができます。

12. セルを編集モードにする『F2』

セル内を編集したいとき、ダブルクリックでもできますが、手間です。F2キーで編集できます。

13. セル内のカーソルバーを端まで移動 

『Homeまたは Fn + ←』『Endまたは Fn +→』

さらに、Shiftキーを組み合わせることで、選択することもできます。一行コピーしたいときや消したいときに便利です。

14. 検索『Ctrl+F』

ファイル内の情報を検索したいときに使います。検索したい文字を入れると、一瞬でその文字にとぶことができます。情報量が膨大なときに便利です。

15. 置換『Ctr + H』

例えば、吉田という名前を鈴木に変えたいときに、使えます。

置き換え後の文字を空白にすれば、削除という意味になります。

例えば「円」を消したい場合は、上の欄に円、下の欄を空白にしてください。

16. 値のみ貼り付け『アプリケーションキー→V』

Ctrl + Cでコピー、Ctrl + Vで貼り付けはよく使われますが、セルの色など、書式までコピーしてしまいます。右クリックで、貼り付ける形を選ぶこともできますが、これにもショートカットキーがあります。アプリケーションキー→キーで値のみ貼り付けることができます。

17. オートフィル機能を表の最終行まで適用 

『フィルハンドル(セルの右下端)をダブルクリック』

フィルハンドルをドラッグする方法もありますが、手間です。ダブルクリックで表の下まで自動コピーすることができます。

18. セルの書式設定『Ctrl + 1』

書式設定は、右クリックから選んで開くとができますが、頻繁に使うので、Ctrl + 1で開くようにしましょう。

19. タブを切り替え 『Ctrl + Tab』 『Ctrl + Shift + Tab』

書式設定など、タブを切り替えたいときに有効なショートカットキーです。

20. 行・列を追加・削除『Ctrl + プラス(+) or Ctrl + Shift +  : 』 『Ctrl + マイナス(-)』

表を作っていて、行や列を挿入、削除したいときに便利です。

+ を選ぶのに、Shiftキーを忘れないようにしてください。

21. ポップアップを閉じる、入力キャンセル・コピーのキャンセル『Esc』 

切り取りなど、選択している作業をやめたいときは、Escを押します。

小さく開いたウインド(ポップアップ)を閉じたいときにも、×ではなくて、Escを押すと作業が早くなります。

22. 列・行の非表示 『Ctrl + 』『Ctrl + 9』

非表示にすることで、データを比べやすくなります。

23. グループ化・グループの解除『Alt + Shift + →』 『Alt + Shift + ← 』

非表示機能と比べて、隠していることが分かりやすいです。ワンクリックで、表示、非表示を切り替えることができます。

24. 新しいSheetを作成『Shift + F11』

新しいSheetを作成したいときに便利なショートカットキーです。

25. シートの切り替え

『Ctrl + PgDn or Ctrl + Fn + PgDn』 『Ctrl + PgUp or Ctrl + Fn + PgUp』

26.新しいエクセルファイル(ブック)を開く『Ctrl + N(New)』

27. エクセルファイル(ブック)を切り替え『Ctrl + Tab』

28. テキストを太字に『Ctrl + B(Bold)』

太字にしたいところを選択してから、Ctrl + Bで太字になります。

29. テキストに下線を『Ctrl + U(Under)』

下線にしたいところを選択してから、Ctrl + Uで下線を引けます。

30. テキストを斜体に『Ctrl + I(Italic)』

斜体にしたいところを選択してから、Ctrl + Iで斜体にできます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です