具体と抽象 行き来する力  マコなり社長もおすすめする本とは

  • 2022年1月9日
  • 2022年1月25日
  • SNS
  • 1view
SNS

 

 

具体と抽象についての本を読みました。
これは全人類に読んでもらいたい本だったので、要約して紹介したいと思います。
この本を読めば、わかりやすく話をしたり、物事の本質を見抜いたりできるようになります。

具体的な話ばかりだと本質が見えなくなる

例えば、お皿を洗って、靴を片付けて、服は洗濯機へ・・・と一つひとつの事柄を伝えていくと、聞く相手は、考えることが多くなり、話も長くなります。

HaChi
結局何が言いたいの?という状態ですよね

これを一言でまとめると、ズバリ・・・

「部屋を整頓して」

ということですね。

 

他にも、

「弊社は、パスタ屋、とんかつ屋、中華料理屋などを展開しています。」

という説明では、

“飲食”

というキーワードがないので、事業の要点が伝わりにくいですね。

抽象的な話ばかりだと行動できない

抽象的とは、複数の情報に共通するパターンを「まとめる」ことで、誰にでも通じる話題を導き出す能力です。たとえば、以下の3つの商品について考えてみます。

  • 生クリームどら焼き
  • チョコレートドーナツ
  • あんパン

いずれも、実際に販売されている人気スイーツです。つまりずべて具体的なものですね。

抽を上げると

和菓子にアレンジを加えている」

という共通点が浮かび上がりますね。

ここから、和菓子はヒットしやすい」という法則が導けるのです。

車の両輪である具体と抽象

抽象的思考力と具体的思考力は、車の両輪と言われています。

一方が欠けたり過剰になったりすれば、それぞれの良さを発揮できません。

抽象的思考に偏ると、机上の空論や理想論しか生まれず、現実的な成果を得られません。

具体的思考だけでは物事をパターン化・一般化できないため、課題を洗い出し、生産性を上げることはできないです。

抽象と具体を行き来すると頭がよくなる

抽象と具体を行き来しながら思考することには、どのような効果があるのでしょうか。

もう少し詳しく見ていきましょう。

著書を参考に、4つのメリットをお伝えします。

学習能力が高まる

抽象的・具体的思考力は、学び、成長していくのに欠かせません。

これまでの経験から学びを抽出し、「仕事のコツ」や「業務の流れ」などの知識をつけるには、抽象的思考力が必要です。

抽象的思考力が乏しければ、どんなに経験を積み重ねても学びを得られず、成長が滞ってしまうでしょう。

一方で、獲得した知恵を実践に移すには、具体的思考力が必要です。いくら知識を蓄えても、実際のシーンで活かせなければ、成長は止まります。

具体的思考力は、抽象的な情報を理解する助けにもなります。

たとえば、

「小売業者」という抽象的な用語を目にしたとき、「コンビニやスーパーマーケットのことか」と具体的にイメージできれば、理解がスムーズに進みますよね。

抽象的・具体的思考力は、さまざまなかたちで学習に関わっています。

【例】

  • 業務経験をもとに、効率的な方法を考える(具体→抽象)
  • 成功者の自伝や創業記を読み比べ、共通点を考える(具体→抽象)
  • 学んだ知識を行動できるようにする(抽象→具体)
  • 抽象的な言葉を、自分の生活に落とし込んで理解する(抽象→具体)

分析力が高まる

身のまわりの事象を分析し、問題点を洗い出したり今後の方針を考えたりするのにも、抽象的・具体的思考力は必要です。

プロジェクトやチームの状況を正しく理解するには、具体的なデータを抽象化し、総合的な視点でとらえることが必要です。

そのうえで具体的思考を用い、解決策を考えます。

抽象と具体を行き来する方法

これらご紹介する方法を実践すれば、抽象と具体を自在に使い分け、仕事や勉強で成果を出せます。

Why・What・Howで自問する

  • 「Why」での自問→抽象的思考を促す
  • 「What」「How」での自問→具体的思考を促す

町を歩いていて焼肉屋が目に入ったら、

「なぜ焼肉屋はこんなに繁盛しているんだろう?」

「なぜこの場所に出店したんだろう?」

と「Why」で問いをつくり、考えてみます。

答えるには、「安価だから」「料理の提供が早いから」「手軽に肉を食べられるから」など、焼肉屋の特徴を考えることになります。

つまり、物事を抽象的に考察するトレーニングができるのです。

反対に、

「焼肉屋で新商品を出すなら何がいいだろう?」

「さらに繁盛させるにはどうすればいいだろう?」

と「What」「How」で問いをつくれば、具体的な答えを挙げることになるため、具体的思考力を鍛えられます。

◆「Why」で問う例(抽象的思考)

  • なぜ焼肉屋はこれほど繁盛しているのだろう?
  • なぜあの人は仕事が早いのだろう?
  • なぜ経済は失速しているのだろう?

◆「What」「How」で問う例(具体的思考)

  • 焼肉屋で新商品を出すなら何がいいだろう?
  • さらに繁盛させるにはどうすればいいだろう?
  • あの人から学べることはなんだろう?
  • あの人のようになるにはどうすればいいだろう?
  • これから盛り上がる産業はなんだろう?
  • 経済を立て直すにはどうすればいいだろう?

マコなり社長も推薦している「具体抽象トレーニング」

 

図やイラストでわかりやすく説明されているので、隙間時間で、区切っても読むことができます。

わかりやすい話がしたい方、営業力を上げたい方、問題を本質的に解決したい方は、手にとってみてください。

HaChi
「時間がないんだよ」とおっしゃる方には、Amazonのaudibleがおすすめです。

audibleは耳で読む本で、通勤はもちろん、家事や休憩時間にもさっと聞くことができます。

私は筋トレをしながら読んでいます。

今なら登録するだけで、本を1冊もらえるキャンペーンもあるので、体験しない手はありません。

さらに登録して、本を1冊もらって、すぐ解約しても、もらった本はそのままです。

ノーリスクで体験できます。

 

最新情報をチェックしよう!
>プログラミング 独学

プログラミング 独学

本当にプログラミングを学びたい人のためになるブログにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。

CTR IMG