PygameZeroでゲームづくり

Pygame Zero はプログラミングの教育目的で設計されたPython のゲーム開発用ライブラリです。色々な手続きをバックグラウンドで処理してくれるので、短いコードでゲームを作れるようになっています。実際、ある程度 Python のコードを書ける人であれば、Pygame Zero の習得は決して難しくないはずです。今回は「ナイツクエスト」というアクションゲームをつくっていきます。プレイヤーは敵を避けながら、鍵を集めゴールを目指すゲームです。

YouTubeの動画をご視聴をいただくと、さらに理解を深められます。

サンプルファイルは下のボタンよりダウンロードしていただけます。

ファイルとフォルダの準備

プロジェクトを開始するにあたり、 すべてのファイルを入れておくフォルダの作成が必要になります。
フォルダ作成が済んだら、 背景を表示しキャラクタを画面に登場させるためのコードを書いていきます。

ファイルの作成
まず適当なところに 「KnightsQuest」というフォルダを作成する。このファイルをKnightsQuest フォルダに 「quest.
py」 という名前で保存。

プロジェクトで使う画像を入れるためのフォルダも必要です。 KnightsQuest フォルダを開き、 中に 「images」 と
いう新しいフォルダを作ります。 ここで使用する画像ファイルは、サンプルファイル内の、Python/Knight’s Quest/
images フォルダに入っているので、それを使います。 もちろん、自分で用意した画像を使っても構わないです。
ゲームウィンドウの大きさを指定します

先ほど作ったquery.py次のようにコードを入力します。Pyame Zarの機能を使い、タイルとフィールドの大きさを指定していいます。

行すると、在は黒いウィンドウが表示されます。

HEIGHT = GRID_HEIGHT * GRID_SIZE
def screen.coords (x, y) :
    return (x * GRID_SIZE, y
def draw background():
    for y in range (GRID_HEIGHT):
         for x in range (GRID_WIDTH):
               screen.blit("floor1", screen_coords (x,y))
def draw:()
    draw_background()
pgzrun()

アジャイルソフトウェア開発
このプロジェクトではステップごとに関数を定義し、徐々にプログラムが便利に(あるいは面白く)なってい
く。同時に、さらに改善するためにはどのようなコードが必要なのかが判明する。 各ステップが終わると実行
可能なプログラムができておりテストを実施できる。このように、次に必要な機能を明確にし (要求分析と設
計)、開発し、テストして段階的にプログラムを作っていく方法は、 アジャイルソフトウェア開発のやり方に習
ったものになっている

背景を描く

このステップではタイルでウィンドウを埋め尽くし、ダンジョンの床を構築
する。下のコードをファイルにき入れよう。

import pgzrun
import random
GRID_WIDTH=16
GRID_HEIGHT=12
GRID_SIZE=50
WIDTH=GRID_WIDTH*GRID_SIZE
HEIGHT=GRID_HEIGHT*GRID_SIZE
def screen_coords(x,y):
        return(x*GRID_SIZE,y*GRID_SIZE)
def draw_background():
         random.seed(BACKGROUND_SEED)
        for y in range(GRID_HEIGHT):
                for x in range(GRID_WIDTH):
                        screen.blit("floor1",screen_coords(x,y))
def draw():
        draw_background()
pgzrun.go()
haruki
続きは徐々に書き足していきます。
動画では全て公開しているので、サンプルファイルをダウンロードして
つくってみてくださいね。
最新情報をチェックしよう!
>プログラミング 独学

プログラミング 独学

本当にプログラミングを学びたい人のためになるブログにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。

CTR IMG