スクラッチでプログラミング 

スクラッチについて

Scratch(スクラッチ)とは?

世界中で使われている子ども向けプログラミング言語

ブロックを並べるだけで高度なプログラミングができる

スクラッチはマサチューセッツ工科大学のメディアラボによって作られた、子ども向けビジュアルプログラミング言語です。ブロックを並べていくだけで高度なプログラミングができます。スクラッチのウェブサイトに、ウェブブラウザでアクセスするだけで使えます。自分で作ったプログラムを世界中に公開できます。

アカウントを作成すればプログラムをWebサイトに保存したり、他の人に公開したりできます。アカウント作成も無料ですので最初に右上の「参加しよう」をクリックしてアカウントを作成することをおすすめしますア。アカウントを作成して、ログインしたらトップ画面左上の「作る」をクリックしてプログラム作成画面に移動しましょう。

スクラッチのプログラム作成画面は4つのエリアに分かれています。

Scratch

右上の猫のイラストが表示されているエリアが「ステージ」

その下のエリアが「スプライトリスト」

左の細長いエリアが「ブロックパレット」

中央の広いエリアが「コードエリア」

スクラッチではブロックパレットにあるブロックをドラッグ&ドロップで並べていくことで プログラミングを行います。

ブロックパレットのブロックは動きや見た目、制御などのジャンルによって色分けされています。

ステージに表示されているイラスト(標準状態では猫のイラスト)をスプライトと呼びます。

このスプライトを動かしてみましょう。スクラッチではそれぞれのスプライトごとに、そのスプライトを制御する行動(プログラム)を書いていきます。

例えば最初に表示されている猫のスプライトを移動させるには、「旗が押されたとき」ブロックの下に「10歩動かす」ブロックを追加するだけです。ステージの右上の緑の旗をクリックすればその作ることが実行され、猫のスプライトが少し移動します。

連続して動かしたい場合は、繰り返しを行う「ずっと」ブロックの中に「10歩動かす」ブロックと、「端に着いたら跳ね返る」ブロックを入れれば、左右に動き続けるようになります。

スプライトを追加する場合はスプライトリストの右下にある猫の顔のデザインのボタンから虫メガネアイコンの「スプライトを選ぶ」を押します。表示されるスプラウトライブラリーには多くのスプライトがジャンル別に整理されています。またスプライトリストの右下のアイコンでは「新しいスプライトを描く」「ファイルから新しいスプライトをアップロードする」などができます。完成したプログラムは コードエリア上の「共有をする」をクリックすれば世界中の人に公開できます。

公開されているプログラムはダウンロードして実行できるだけでなく、改造したり感想などのコメントをつけたりできます。トップ画面で「見る」をクリックすれば、世界中の人が作成公開するプログラムを見られます。本格的なゲームなどをたくさん公開されているので、気に入った作品をつけて、自分なりに改造してみましょう。

ではさっそくスクラッチを使ってみましょう。Google Chromeなどのブラウザ(ホームページなどのインターネット上の情報を探して、見るためのソフト)に「scratch」と英語で検索してください。スクラッチが起動したら、左上の「作る」メニューからプログラミングを始めることができます。ただし、ユーザー登録したり、後悔したりするには、ユーザー登録が必要です。起動画面右上の「スクラッチに参加しよう」をクリックして、ユーザー名とパスワードを入れてください。
ステージ上にいるねこは、場所を自由に動かすことができます。そのほか、大きさや向きなど、自由に変えることができます。スプライトは、これだけじゃなく、画面の右下の方にあるボタンから自由に増やすことができます。自分で描いた絵や写真などを使うこともできます。

動画で学ぶ スクラッチでプログラミング

最新情報をチェックしよう!
>プログラミング 独学

プログラミング 独学

本当にプログラミングを学びたい人のためになるブログにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。

CTR IMG