Raspberry Piの種類と性能

Raspberry Piに興味があるけど、いろんなタイプがあって、どれを買っていいかわからない….

あなたに合ったラズパイ選びの参考になるように、種類と性能を解説します。

そもそもラズパイってなに?という方はこちらの記事を見てください。

Raspberry Piの種類と性能

2022年時点、Raspberry Piには1世代 (Raspberry PiあるいはRaspberry Pi 1 ) 2世代 (Raspberry Pi 2)3世代 (Raspberry Pi 3)4世代 (Raspberry Pi 4) があります。

また、Raspberry Pi よりも小型のModel Aやさらに小さなRaspberry Pi Zero、キーボードと一体化したRaspberry Pi 400も販売されています。

haruki
それぞれのモデルの特徴について見ていきましょう。

Raspberry Pi 4 Model B Raspberry Pi 400

20196月に発表され、 国内では最新の第4世代Raspberry Pi (RaspberryPi 4) は高速な処理を実現しています。

パソコンにも見劣りしない性能で、一般的な利用方法であれば問題なく利用できます。 クアッドコアCPUを搭載するほか、メインメモリーは1Gバイト、 2Gバイト、 4Gバイトの3モデルが用意されています。 映像出力用HDMI2ポートあり、 複数のディスプレイに接続することもできます。

有線LANにギガビットイーサネットを採用しており、 1Gbpsでの通信が可能です。

このほかUSB 3.0 コネクタを装備し、電源コネクタとしてはUSB Type-Cが採用されています。

Raspberry Pi 4 B 8GB コンピュータボード

202011月には、 Raspberr Pi4キーボード内に組み込んだ Raspberry Pi 400の提供を開始しました。

日本では日本語配列キーボードとUS配列キーボードが販売されています。

 

Raspberry Pi 400 キーボードコンピュータ単品

Raspberry Pi 3 Model B / B+ ModelA+

20162月に販売が開始されたのが第3世代となる Raspberry Pi 3 Model B です。 CPU64 ビット(1.2GHz) に対応したモデルです。第2世代では有線LANのみでしたが、Raspberry Pi 3から無線LANBluetoothを搭載し、 無線通信ができるようになったのが特徴です。

20183月には新たなモデルの Raspberry Pi 3 Model B+」が登場しました。 Raspberry Pi 3 Model Bに比べCPUの動作周波数は1.4GHzになりました。 また、温度管理機能が搭載され異常な高温にならないようCPUの動作を押さえられるようになっています。有線LANはギガビットイーサーネットを採用しました。

ただし、イーサネットアダプタがUSB 2.0に接続する方式であったため、通信速度が300Mbps程度に抑えられています。 また、 有線LANから電源供給が可能となるPoE (Power over Ethernet) にも対応しています。

さらに、201811月にはModel B+ より大きさを3分の2程度にした Raspberry Pi 3 Model A+」が登場しました。 小型化、 有線LANなし、 USB1ポートなど、 機能を限定しています。 ただし、 無線通信機能が搭載されているため、 無線LANアクセスポイントに接続して通信することが可能です。 価格は Model B+ より安価となっています。

Raspberry Pi 2 Model B

20152月に登場したのが第2世代の Raspberry Pi 2 Model B です。 クアッドコアCPUを採用し、動作周波数も初代に比べ900MHzと高速化されています。 メインメモリーは初代の2倍である1Gバイト搭載されました。 高速化が図られ、 初代に比べ性能が6倍も向上しています。

また、201610月には64ビットのCPUに変更された V1.2が登場しています。 V1.2 Raspberry Pi 2Model B として販売されています。

 Raspberry Pi Model B+ Model A+

20124月に初めて登場したのが第1世代 Raspberry Pi Model B です。 32ビット CPU (700MHz)256Mバイトのメインメモリーを搭載していました。 100Baseのイーサーネットを搭載しており、ネットワークに接続して通信できるようになっていました。 ただし、電子部品などを接続して制御できるGPIO26ピンと現在のラズパイ (40ピン)より少なかったほか、2つのUSBポート、ストレージとしてフルサイズのSDカードを利用するなどの違いがありました。

20132月にはModel Bよりも小サイズの Raspberry Pi Model A」が登場しました。 小型化、有線LANなし、USB1ポートなど、機能を限定しています。

20146月に Raspberry Pi Model B+」、 201411月に Raspberry Pi Model A+ と、 初代モデルを改良したモデルが登場します。 どちらもGPIO40ピンに増え、 ストレージがmicroSDに変更されています。 ModelB+USB4ポートと増えています。

Raspberry Pi Model B/B+ / A+ など、 20163月以降に登場したモデルは、メインメモリーの容量がChapter 1-1 Raspberry Pi とは512Mバイトと強化されています。

Raspberry Pi Zero / Zero W/Zero WH/Zero 2W

201511月には、 65×30×3mm Raspberry Pi Model Aよりも小さな Raspberry Pi Zero」が販売されています。 極めて小さく、さらに5ドルと低価格なのが特徴です。 小さく安価ですが、CPUは第1世代のRaspberry Pi より高性能です。 GPIOも搭載されており、外部の電子回路の制御も可能です。 20165月に販売開始した Raspberry Pi Zero V1.3 はカメラインタフェースを備え、 Raspberry Pi 専用のカメラを接続できます。

20172月には、 Raspberry Pi Zero に無線LANBluetooth機能を実装した Raspberry Pi Zero W が登場しました。 また、あらかじめGPIOにピンヘッダがはんだ付けされている Raspberry Pi Zero WH」も提供されています。

202110月には、 Raspberry Pi 3と同じBCM2710A1 SoCとして利用したRaspberry Pi Zero 2 Wを販売開始しました。 ただし、 動作クロックは1GHzに落とされています。 小さな筐体で高速な動作が可能となっています。

OSを必要としない Raspberry Pi Pico

20211月、 Raspberry Piの新エディション Raspberry Pi Pico がリリースされました。 従来のRaspberry Piはストレージに書き込まれた Raspberry Pi OSなどの OS を起動する必要があります。 パソコンのように使える利点がありますが、OSを起動するまでの時間がかかったり、機能が高いため価格も高価であったりしました。 電子部品を動かすだけの用途ではこの点がネックでした。 そのため、そういった用途の場合、 Arduino PICなどといった安価なマイコンが主に利用されています。

まとめ

コロナや災害、政治的な問題で、現在ラズパイは品薄状態が続きています。オークションや通販アプリでは、プレミアがつき、高額で取引されています。ただ、性能的にも使い勝手的にも、やはりPi4がおすすめです。

Raspberry Pi 4 B 8GB コンピュータボード

ラズパイを操作することで、コンピュータが動く仕組みや、電子工作、サーバの設置、プログラミングなど、楽しみながら学ぶことができます。お気に入りのラズパイを手に入れて、快適で楽しいラズパイライフを!

最新情報をチェックしよう!
>プログラミング 独学

プログラミング 独学

本当にプログラミングを学びたい人のためになるブログにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。

CTR IMG