Webアプリケーションについて知ろう

HTMLだけで作ったWebサイトは、あらかじめ用意した内容を表示することしかできません。HTMLだけでなくサーバーデータベースというツールを組み合わせることで、より高度な機能を持ったWebサイトを作ることができます。(データベースとは、テキストや数値などWebアプリケーションで使用する情報を保存するためのツールです。)高度な機能とは、例えば以下のようなものです。

  • ユーザー登録ができる
  • ユーザーごとに表示を変えられる
  • ブログなどのコンテンツをWebサイト上で作成、公開できる

こういった高度な機能を持ったWebサイトがWebアプリだと覚えておきましょう。

世の中はWebアプリで溢れています。例えばYouTubeのような動画サイトやAmazonのようなECサイト、FacebookのようなSNSなど、皆さんが普段使っているサービスも多くがサーバーとデータベースを持ったWebアプリです。あなたもきっと様々なWebアプリを作れるようになります。

Webアプリとは、Webの仕組みを使ったアプリのことです。iOSアプリやAndroidアプリといったスマートフォンのアプリはWebアプリとは少し異なるものです。ここでは、Webアプリ = ブラウザから使うアプリ と覚えておきましょう!

3. Webアプリはどう動いている?
まず、Webページが表示される仕組みを復習してみましょう。ブラウザがサーバーにリクエストを送り、それに応じてサーバーがHTMLをブラウザに返します。

Webアプリの場合も基本は変わりません。ただしサーバーで行われることが少し多くなります(以下の②)。
① ブラウザがサーバーにリクエストを送る
② サーバーはリクエストの内容(URLなど)に応じて処理を実行し、HTMLをブラウザに返す
このとき必要に応じて、以下のような追加の処理を行います。
データベースを操作し、データの取得、追加、更新、削除を行なう。
データベースから取得したデータをHTMLに挿入し、ページの表示内容を変える。
③ ブラウザにHTMLが表示される

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

そもそもwebって?

次の記事

ネットバンクを守る