そもそもwebって?

Webとは、インターネット上にある情報を見る仕組みです。インターネット上の情報は世界中のサーバーというコンピュータに保存されています。またそれぞれの情報には、インターネット上の場所を示すURLが与えられています。URLは、インターネットの住所のようなものです。

そして、サーバーの情報を取得するコンピュータをクライアントといいます。 クライアントとサーバーの情報のやり取りクライアントとサーバーはインターネットでつながっており、情報をやりとりしています。

サーバーとクライアントがどのように情報をやり取りしているかを見ていきましょう。やり取りは、クライアントの要求を元にサーバーが応答するという流れになっています。クライアントの要求をリクエスト(request)、サーバーの応答をレスポンス(response)といいます。カフェに例えると、クライアントがお客さんでサーバーが店員さんです。

リクエストをする際は、URLを用いて場所を指定します。URLは下図のように「サーバーの場所」と「サーバーの中の情報の場所」を示しています。これのおかげで、世界中のサーバーの中から、特定のサーバーの特定の情報を取得できるようになっています。

プログラミングスクールは敷居が高い・・・

気軽にweb制作を学びたい人はCMでおなじみのココナラがお勧めです↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です